bizenの手技

リフトアップ小顔に効果的なアプローチ

ビゼン独自のリフトアップ手技は、”強い手圧”が特徴。むくみをがっちり流しリフトアップしていくため独自のハンドテクニックを持っています。ご自身では気づかない顔の凝りにも驚かれるかもしれません。 ”強い手圧”では下記にあるような10カ所以上の表情筋、ツボ、顔全体のリンパをグイグイ攻めることで、リフトアップ小顔の効果にダイレクトなアプローチをしていきます。一切無駄のないお手入れで1回で効果を実感できる「口コミ満足度UP」の評価をいただいております。ビゼンではお客様一人一人の肌質を考え、徹底した顧客管理により美容効果を引き出します。〈下記の表情筋やツボを、お手入れの参考にもご活用ください。〉

表情筋を攻める強圧手技
[A]前頭筋(ぜんとうきん) 眉毛の上から縦に伸びている筋肉。
この筋肉が緩むと額に横ジワが出来ます。
[B]皺眉筋(しゅうびきん) 眉間の縦ジワをつくる。
心の動きが眉間の縦ジワに表れます。
[C]眼輪筋(がんりきん) 目の周りを囲み、目を開閉する筋肉。
この筋肉が緩むとシワになりやすい。
[D]小頬骨筋
(しょうきょうこつきん)
口元を斜めに引き上げる筋肉。
この筋肉が緩むと頬にたるみが出来ます。
[E]頬筋(きょうきん) 上下のアゴの間接から口の両端に向かってのびる筋肉。
ボケ予防にもなります。
[F]口輪筋(こうりんきん) 口元を円状に囲んでいる筋肉。
この筋肉がゆるむと老けた顔に見えてしまう。
[G]笑筋(しょうきん) 口元を外側に伸ばす筋肉。
この筋肉がゆるむと口周りが下がる。
[H]広頚筋(こうけいきん)  下顎から上胸部までの広い範囲の筋肉。
この筋肉がゆるむと老けた顔に見えてしまう。
[I]咬筋(こうきん) 咀嚼筋とも呼ばれる食物を噛む時に顎を閉じる筋肉。
[J]胸鎖乳突筋
(きょうさにゅうとつきん) 
首を曲げ回転する動きを持つ筋肉。
デスクワークに多い首のコリの原因に。
[K]側頭筋(そくとうきん) 咀嚼筋とも呼ばれる食物を噛むことができる筋肉。
[L]頬筋(きょうきん) 上下の顎の関節から、口の両端に伸びる筋肉。
この筋肉がゆるむと口元がたるむ。
[G]口輪筋(こうりんきん) 口元を円状に囲んでいる筋肉。
この筋肉がゆるむと老けた顔に見えてしまう。
むくみ解消、疲労解消のための顔ツボ
[01]百会(ひゃくえ) 自律神経に直結。
[02]上星(じょうせい) 血行促進、くすみケア。
[03]印堂(いんどう) 花粉症の緩和に。
[04]さん竹(さんちく) 眼精疲労、クマ、くすみケア。
[05]魚腰(ぎょよう) 疲れ目ケアに。
[06]絲竹空(しちくくう)) イライラや頭痛ケアに。
[07]清名(せいめい) 眼精疲労。
[08]承泣(しょうきゅう) 眼精疲労、胃腸疾患に効果的。
[09]瞳子りょう(どうしりょう) 眼精疲労、充血ケアに。
[10]太陽(たいよう) 目尻のしわ、しみ、ニキビの解消。
[11]四白(しはく) 素肌にうるおいを与え、しわ解消。
[12]迎香(げいこう) 乾燥をケアし、しみ、ニキビの解消。
[13]頬車(きょうしゃ) 歯痛回復ケアに。
[14]地倉(ちそう) 口角シワ、吹出物解消ケアに。
[15]がいりょう 顔のコリ、顔面痙攣のケアに。
[16]承しょう 素肌をしっとりさせる。